後援会事務局からのお知らせ

2016年度後援会費納入のお願いと自動引落し手続きについて

OB、OGの皆様

 

いつも大変お世話になっております。

2016年度より、紫峰会業務の大学移行に伴い、紫峰会によるOB会費自動振替サービスが終了いたしました。

つきましては、今後は常陽銀行様に同様の振替対応をしていただくこととなり、これまで後援会費を自動引落しにて納付いただいておりました方々にも改めて”預金口座振替依頼書”をご提出いただく必要がございます。

 

お手数をおかけいたしますが、後援会事務局より送付いたしました書類をご確認いただき、ご対応いただけますようお願い申し上げます。

 

引落し金額の記載欄はありませんが、基本的に2口(12,000円)を引落すことになります。2口以外の納付を希望される方は、後援会事務局より送付した書類の「2016年度後援会活動および後援会費納入のお願い」の末尾にあります"口数変更申込書"に希望口数をご記入いただき、切り取って預金口座振替依頼書と同封の上、返信用封筒でお送りください。

 

自動引落しの時期は、12月初旬頃となる見込みです。

 

※後援会銀行口座への振込みの場合※

基本的には自動引落しによる会費納付を強く推奨いたしますが、下記指定の後援会銀行口座への振込みによる支払いも可能となっております。現役諸君の活動をサポートするためにも、お早めにお振込み頂けますようお願い申し上げます。

なお、振込みの際には、名前の先頭に期をつけて頂ければ事務局側で処理を実施しやすいため、ご協力お願いいたします。(例)28 クラモチユウジ

 

 振込先:常陽銀行 研究学園都市支店 普通 1698807

     筑波大学アメリカンフットボール部後援会

     会費:12,000円~(原則2口以上)

 

 

皆様から納付いただきました後援会費によって、これまでもグラウンドの人工芝化に伴いダウンボックスやヤードマーカーの新調、ハンドダミーやボール、パッシングマシンの購入など金額面での現役支援を行っております。

また秋リーグ戦が始まってからも、ハーフタイム中のエネルギー補助など支援を継続してまいります。

今後とも、皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

2016年度後援会事務局代表幹事 倉持悠司(28期)

 

 

※お問い合わせ先※

後援会資料がお手元に届いていない方、ご質問等ある方は、下記メールアドレスにお問い合わせください。

excaliburs.net@gmail.com

 

2016年度後援会の現役サポート報告(2016/06/16)

OB、OGの皆様

 

いつも大変お世話になっております。

2016年度の後援会費予算について、2月に行われました総会で承認をいただき鋭意執行中でありますが、その中でも特に現役たちにとってプラスとなっている取組みについてご報告いたします。

 

①朝鍋

フィジカルアップ、体重増加を課題として挙げていた現役のために、朝一にウェイトトレーニングをしてその後すぐに栄養を摂れるように鍋を食ったらどうだ!?と自分たちが現役時代に効果を実感した取組みをやってみろと促し、現役も同意しやることにしました。

後援会費からは、朝鍋1回につき5000円の補助を行いました。朝鍋の様子はこのブログをご参照ください。→http://excaliburs.jugem.jp/?eid=205

34月頃は取組内容が不十分で効果がみられませんでしたが、後援会幹部からの叱咤激励とアドバイスの甲斐があり、5月度は一定の効果を見せております。特にOLは顕著に増量できております。除脂肪量:ポジション平均2.8キロ増、体重:ポジション平均4.4キロ増)

現役たちは朝6時からウェイト、7:45頃から鍋など朝食をがっつり食べる取組みを続けています。

 

②パッシングマシーンの購入

筑波のエアアタック向上のために、パッシングマシーンの購入に踏み切りました。

費用は60万円ほどですが、スキルアップに直結するため有効な投資と考え実行しました。益々オフェンス力をアップさせてシーズンに臨んでくれることでしょう。

 

 

 

 

このように皆様から頂戴している後援会費は、現役たちが少しでも強く速くうまくタフになるためになるべく有効に使おうと現役とコミュニケーションを取りながら執行させていただいております。

現役を支援する方法はたくさんありますが、金銭的な支援も勿論重要な要素となっております。

 

今年は例年になく好調な春シーズンを送っており、皆様の期待感も膨らんでいるかと思います。秋に「全勝昇格」という目標を達成するためにも、後援会費納入をはじめとしたご支援の程よろしくお願い申し上げます。