VS東京都市大学ヘリオス​ 2013秋季2部入替戦

平成25年12月7日(土)

大井第二球場 13:45K.O.

TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q RESULT
筑波大学 8

10

7

14

39
東京都市大学  0 0 7

7

 

 
 

 Game Report

今年の目標を掴み取るための最後の大一番、2部との入替戦は快晴の下で試合が行われた。

勝てば、2部昇格が決まる。

 

1Q、東京都市のキックにより試合開始。

タッチバックにより、筑波オフェンス(以下筑波O)自陣25ydからの攻撃。

1stシリーズでは、序盤からランによる力強い攻撃でフレッシュを重ね敵陣35ydまで進むも、パントへ。

しかし好パントにより敵陣2ydで攻守交替。

続く筑波ディフェンス(以下筑波D)もフレッシュを許さず、パントに追い込む。敵陣35ydの好位置で攻守交替。

2ndシリーズではランプレーでゲインを重ね、フレッシュを獲得、

敵陣ゴール前まで進む。

ここでWRへのTDパスが決まり、筑波大先制。

TFPでは2ポイントコンバージョンを試みて、FB#18へのパス成功。

8-0。

筑波大のキックオフの後、自陣45ydから東京都市大のオフェンス(以下東京都市O)。

東京都市Oがランでゲインを重ね、敵陣40ydへ。

ここで1Q終了。

 

2Qに入り、筑波Dが踏ん張り東京都市Oを止め、パントへ。

筑波O、自陣20ydから攻撃開始。

力強いランプレーでフレッシュを重ね、敵陣45ydへ。

ここでWR#88へのロングパスが決まり、敵陣15ydまで前進。

最後はRB#3のランによりTD。TFPも成功。

15-0。

この後は、両ディフェンスが踏ん張り、一進一退の攻防が続く。

2Q残り3分では東京都市Oにフレッシュを重ねられ、筑波大自陣30ydまで

攻め込まれる。

ここで東京都市Oの4thダウンギャンブルをDLのQBサックで止め、攻守交替。

続く残り2分を切った続く筑波Oでは、次々にパスを決め、敵陣10ydへ。

残り1秒となったところでFGを選択し、FG成功。

18-0。

前半終了。

 

 後半、筑波大のキックオフで試合再開。

 序盤はお互い攻めあぐね、パントが続く。

そんな膠着状態の中で筑波Dにビッグプレー。

東京都市O自陣20ydからの攻撃でのロングパスをDB#22がインターセプト。

続く敵陣45ydからの筑波Oでは、ランフェイクからのプレイアクションパスが決まり、一気に敵陣10ydへ。

ここでWRへのパス成功、TD。TFPも成功。

25-0。

次のシリーズでは、東京都市大のキックオフリターンからロングゲインを許し、ハーフウェイ付近から東京都市大の攻撃。

東京都市OにパスやQBランを決められ、敵陣20ydへ。

ここで3Q終了。

 

4Qに入り、東京都市Oにランプレーでフレッシュを獲得され、ゴール前9ydからパス成功、TD。TFPも成功。

25-7。

次のシリーズでは筑波Oはパントに終わるが、筑波DでDB#22がロングパスを今日2回目のインターセプト。攻守交替。

筑波O自陣45ydからの攻撃はパントに終わるが、好パントにより敵陣3ydでのディフェンスとなる。

ここで、またも筑波Dにビッグプレー。

DL#77のQBサックからDL#54がファンブルリカバーし、そのままエンドゾーンまで走り切ってTD。TFPも成功。

32-7。

次の自陣30ydからの東京都市Oでは4thダウンギャンブルを試みるも、筑波Dが

きっちり押さえ込み、攻守交替。

残り1分30秒、敵陣30ydからの攻撃で筑波Oが力強いランプレーを展開し、最後はRBのランプレーでTD。TFPも成功。

39-7。

そして、東京都市Oの攻撃中に試合終了のホイッスル。

39-7で筑波大の勝利。

この入替戦勝利で2部昇格を果たした。

 

総括:
前半から筑波大の「2部昇格」への思いが優り、オフェンス・ディフェンスともに相手を上回っていた。そして、先制TDから前半2本のTDとFGで優位に試合を進めていった。
そして、歓喜の勝利。
 
選手、スタッフの日々の練習・努力、そして父母の方々やOB、友人による多くの応援、入替戦ではみんなが一丸となって
勝利を目指し、「2部昇格」を掴み取ることができた。
選手、スタッフの皆様には心から拍手を送りたい。
本当におめでとう!

 

(文責:25期一同)