VS 横浜国立大学 2016 春オープン戦

平成28年5月14日(土)  筑波大学セキショウフィールド

TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q RESULT
横国大学 0

3

0

14

17
筑波大学 6 0 7 7

20

 

1Q

コイントスの結果、筑波のキックオフリターンで試合開始。

筑波大Offense(以下筑波O)は、QB#6武部からWR#87へのパスなどを成功させますがフレッシュラインには届かず、パントで攻守交替します一方、筑波大Defense(以下筑波D)横国Offense(以下横国O)に着実に攻め込まれますが、エンドゾーンまで15ydのところで踏ん張り、横国OFGトライを選択。しかしこれを外し、筑波D失点を防ぎます。

攻守交替後、筑波O2プレー目で俊足のRB#17安齋75ydを走り抜けてタッチダウン!TFPを外しますが、筑波大流れを作ります。スコアは6-0

その後、筑波Dは横国Oの攻撃をしのぎ、筑波Oも攻め切ることが出来ないまま1Q終了。

 

2Q 

横浜国立大学の攻撃で試合再開筑波Dは自陣30ydまで攻め込まれますが、横国O4thギャンブルを失敗し、攻守交替。

筑波OQB#6武部からWR#81兼尾RB#17安齋へのロングパスなどで敵陣30ydまで攻めますが、ランプレーにてボールキャリアが横国大Defense(以下横国D)のタックルを受けファンブル、相手にリカバーされてターンオーバーされます。

その後の筑波Dは横国Oをパントに抑えますが、攻守交替後、筑波Oの浮いたパスを横国Dインターセプト、エンドゾーンまで10ydに迫られます。

しかし、筑波Dは横国O3回の中央突破を防ぎ、4thギャンブルパスも失敗させリードを守ます。

次シリーズで横国Oパスをメインとした攻撃を展開し、敵陣20yd地点でFGトライを成功させて、スコアが6-3となったところで前半終了。

 

3Q

筑波のキックオフカバーで後半開始。

筑波DQBサック2で横国Oの攻撃を封殺、パントで攻守交替させます。

一方、筑波OQB#6武部からWR#18熊澤WR#81兼尾へのパスでゲインを重ね、最後はQB#6武部が自ら走り込みタッチダウン!TFPをしっかりと決めて、スコアは13-3

攻守交替後、横国Oの攻撃が4thdownとなったところで3Q終了。

 

4Q 

横国Oは敵陣30yd地点でFGトライを選択するも成功ならず、スコアは13-3のまま。

しかし、攻守交替後の筑波Oがパントに終わった後の横国O、ロングパス2を成功させタッチダウン。TFPも成功し、13-10と点差が縮まります。

さらに、攻守交替後の筑波O4thdownパントでスナップミス、横浜国立大学に逆転のチャンスを与えてしまい、敵陣10yd地点から始まった横国OにタッチダウンパスTFPを決められ、スコアは13-17。試合残り時間は519秒。

逆転するにはタッチダウンが必要となった筑波Oは、QB#6武部からWR#81兼尾へのロングパス、また相手の反則にも助けられて、敵陣15ydまで16プレーをかけて攻め込み、最後はRB#44雨無がオープンを駆け上がりタッチダウン!!TFPも決めて逆転に成功します。

攻守交替後、残り時間16秒となった横国Oの攻撃を筑波Dがしっかりと防ぎ、試合終了。

 

最終スコア20-17で筑波大の勝利です。 

 

 

BIG8に所属する横浜国立大学を相手にし、格上相手との接戦を制することができました。今後もBIG8との試合が予定されていますので、しっかりと勝利を重ねていきたいと思います。

また、関彰商事株式会社の関社長が神戸大学に引き続き、試合会場にお越しくださりました。これからもセキショウフィールドで勝利を重ねることにより、感謝の気持ちを表現していきたいと思います。 

 

 

筑波大学アメリカンフットボール部

主務 池谷優之介