VS 神奈川大学 2016 秋リーグ戦

平成28年11月5日(土)  大井第二球技場

TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q RESULT

筑波大学

0

0

7

6

13
神奈川大学 14 7 14 6

41

 

1Q

コイントスの結果、筑波のキックリターンで試合開始。

筑波大Offense(以下筑波O)初回の攻撃は敵陣に進むことが出来ずパントでシリーズを終えます。攻守交替後の筑波大Defense(以下筑波D)は神奈川大Offense(以下神大O)のパスプロを崩すなどプレッシャーをかけ続けますがタックルミスが続き、最後は30ydQBスクランブル0-7と先制されます。

追いつきたい筑波はRB#17安齋のラン、QB#34雨無からWR#87林へのフェイクパスなどで敵陣5ydまで迫りますが、4thギャンブル失敗してしまい得点に至りません。

一方神大O3本のロングパスで一気に敵陣まで攻め込みます。筑波Dは神大Oの攻撃耐えることが出来ずTDを許してしまい、スコアが0-14となったところで1Q終了。

 

2Q

筑波Dは神大Oのパス主体の攻撃にアジャストすることが出来ず、ロングパスを許してしまいます。神大QBにプレッシャーはかけますが、タックルすることが出来ません。タックルミスからタッチダウンを許してしまいます。

攻守交替後、筑波ORB#17安齋のランなどで敵陣15ydまで攻めますがTDには至らずFGを試みますが失敗してしまいます。スコアは0-21で点差を詰めることが出来ないまま2Q終了。

 

3Q

筑波キックにより試合再開しますが、神大にリターンタッチダウンを許しスコアは0-28しかし直後の筑波キックリターンリターナ―#34雨無敵陣30ydまで進みます。RB#17安齋QB#34雨無のランで攻め、最後はQB#34雨無からWR#18熊澤への

パスでタッチダウン!TFPも成功し、スコアを7-28とします。

ここから点差を縮めたい筑波ですが、神大O45ydロングパスでTD奪われ、スコアを7-35とされたところで3Q終了。

 

4Q

何としても得点が欲しい筑波は、神大OのファンブルボールをLB#33磯田がリカバーしターンオーバー、直後にWR#18熊澤40ydランアフターキャッチでタッチダウン。しかしTFPを外しスコアは13-35

神大Oパント後、筑波Oインターセプトされ、そのまま神大にタッチダウンを許してしまいます。神大はTFPを外し、スコアは13-41試合残り時間わずか、筑波Oの攻撃は得点に結びつけることが出来ずそのまま試合終了。

 

最終スコア13-41で筑波大の敗北です

 

 

2部リーグAブロックで暫定最下位という厳しい現実ですが、4年・幹部は入替戦を意識することはせずに、これまでの課題を克服して次戦に臨みます。試合内容・結果をこれまでと異なるものにしたいと思いますので、上智大学戦にぜひ足を運んで頂き、ご声援のほどよろしくお願い致します。

 

最後となりますが、試合会場に来てくださり運営を手伝ってくださった後援会の皆様、応援に来てくださったOB・OGの皆様、本当にありがとうございました。

 

 

筑波大学アメリカンフットボール部

主務 池谷優之介